So-net無料ブログ作成
検索選択

奥久慈・中武生山~男体山周回 [登山]

生瀬富士のリハビリ登山から3Wが経ちました。普段の生活では違和感を感じることもなくなりました。満を持して[exclamation&question]奥久慈山行を計画しました。今回は中武生山から男体山までです。未踏の区間が多いルートで少し不安[モバQ]もありました。

2017/02/25の朝、中武生のここから山道に入りました。
1.0今日はここから.JPG

尾根に乗って歩いていくと・・・[足]
1.1尾根に取り付く.JPG

程なく中武生山です。向こうに見える[目]男体山まで歩いていく予定です。
1.2中武生山.JPG

そのまま歩いていくと道路に出てしまいました。そしてここからまた山道に入っていきます。
1.5再び山道に.JPG

入口の様子からは予想できないほど立派な道が続いていました[手(チョキ)]
1.6しっかりした道.JPG

尾根から外れてこの細道に入っていきます。今日はこういうパターンが多いです。
1.7枝尾根に入る.JPG

さらに枝尾根から沢沿いに下りると竜神川源流に着きました[るんるん] 竜神川はダムから上流に沿って下の廊下、上の廊下と呼ばれているそうです。下の廊下は昨夏に遡行したので今年は上の廊下を歩いてみたいです。
2.0竜神川に下りる.JPG

対岸に渡るとタラノ木がありました[ひらめき] 春はもうすぐです。
2.1タラノ木.JPG

ササヤブがきれいに刈払われていました。ここを歩く方は決して多くないと思うのですが、手入れをされている方たちに感謝です<(__)>
2.2刈払われた笹.JPG

尾根を避けて快適なトラバース道[ぴかぴか(新しい)]が開かれていました。アップダウンが無いのは助かります。
2.3開放的なトラバース.JPG

少しヤブが出てきたと思ったら、突然林道に出てしまいました。手前に行くと表縦走路の小草越に出るようです。ここで少しまごつきましたが、奥の方へ歩いていきました。
2.5林道に出た.JPG

尾根の取り付きを過ぎてしまったようです。適当に取り付くとトゲトゲのヤブ[ふらふら]でした。何とか突破して踏み跡のある尾根に出ました。初めてのルートはいろいろ苦労があります。
2.6ヤブを漕いで尾根に.JPG

やっと1月に歩いた裏縦走路に合流しました。
3.0裏縦走路.JPG

さらに表縦走路に合流です。
3.1表縦走路.JPG

急登はやはりきついです[あせあせ(飛び散る汗)]
3.2急登を越えると.JPG

日光連山と高原山が眺められました[るんるん] 今日もいい天気です。
3.3日光連山と高原山.JPG

男体山も間近に見えてます。
3.4男体山.JPG

さらにアップダウンを繰り返して、大円地越に到着しました。
3.5大円地越.JPG

男体山の一般ルートに取り付くとトレランの方たちが下りてきました。竜神ダムまで走る[ダッシュ(走り出すさま)]そうです。
3.6トレラン.JPG

やはりここはこの山域の銀座通り、急に人が多くなりました[わーい(嬉しい顔)]
3.7さすがに人が多い.JPG

そして3年ぶりの男体山頂です[手(パー)] ここで栃木の山を知りたがっているご婦人がいたので、お気に入りの山を紹介しておきました。
4.0男体山頂.JPG

ここから北側に下りるルートがある筈なのです。しかし周りを見て[目]もササヤブばかりです。それでもふと、ピンクテープを見つけて電波塔の裏に回ると尾根がありました[手(チョキ)]
4.2電波塔の裏から.JPG

この尾根は思いのほか急下降[たらーっ(汗)]でした。さらに踏み跡も分りにくい箇所があります。このマーカーは心強い限りでした。
4.3急下降.JPG

何とか持方の集落まで下り切るとミツマタの蕾が膨らみかけていました。
4.4ミツマタ.JPG

ここから5k余りの車道歩きとなります。スニーカーに履き替えて歩いていきました。途中、男体山登山口広場はホッと[喫茶店]する雰囲気でした。ちなみにログハウスはトイレになってます。
4.5男体山登山口広場.JPG

今回歩いたルートです。晴天で気温もまあまあ、春間近の歩きでした。展望はあまりないですが明るい雰囲気でした。予想外に整備されているルートでしたが、所々に分かりにくいところもあります。ルートを間違えなければヤブ漕ぎも少ないのではと思いました。今度は逆方向に歩いて正規ルートを確認しようと思っています。
肝心の足首の調子ですが、急登ではやはり違和感がありました。でも痛むことはなかったのでほぼ完治と思います。


nice!(29)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 29

コメント 14

mimimomo

こんばんは^^
沢山歩かれましたね。藪漕ぎを物ともされない所がかなりわたくしと違いますよ^^ 先日わたくしも初めてのルートを歩きましたが、もちろんちゃん登山道がわかる所です・・・それしかできない(-。-

by mimimomo (2017-02-26 18:17) 

よしころん

捻挫の記事見落としていました(><) 失礼しました。
15キロ以上の行程を痛みなく歩かれて、少しずつ暖かくなってきていますし、もう大丈夫そうですね。
でも無理なく歩かれてくださいませ^^

by よしころん (2017-02-26 21:02) 

sinjitsu

雪がなくても葉っぱがないと山の景色も寒々してますねー。
トゲトゲのヤブと言えば、昨年の花火は刈りたてのヤブの上が会場でシートの下からトゲトゲしてて厄介でした。
山でもきっとヤブの跡は歩きづらいんでしょうね。
by sinjitsu (2017-02-26 21:37) 

tochimochi

皆さん、niceやコメントありがとうございます。

mimimomoさん
>藪漕ぎを物とも
します、とげとげはとても痛かったです ^^;
初めてのルートは間違えやすいですね。
ちゃんと調べて行けばいいのですが、そこまでの準備がなかなかできないです。

よしころんさん
>でも無理なく歩かれてくださいませ^^
ありがとうございます。
捻挫は意外と長引きますね。
違和感はまだ残っているので、無理はせずに歩きたいと思います。

sinjitsuさん
>葉っぱがないと山の景色も寒々してますねー。
その代わり見通しが良くなって開放感があります ^^
シートの下からとげとげでは大変でしたね。
山ではとげが刺さって痛かったです ^^;


by tochimochi (2017-02-26 22:21) 

のら人

頑張ってますね。^^
無理なく楽しまれて下さい。
こちらはタラの芽が出てきてから始動です。
by のら人 (2017-02-27 09:07) 

伊閣蝶

捻挫のあとの違和感は本当に嫌なものです。
歩けないほど痛いのであればあきらめもつくのですが、変な鈍痛なので却っていらだちが大きくなるのでしょう。
その意味でも、できる限り早い時期でのリハビリが有効と考えます。
今回のルートは、拝見したところハードのように思えましたが、気持のいい山歩きが出来る点は最高ですね。
ただ、夏になるとそれなりに藪が育ちそうにも感じますが。
by 伊閣蝶 (2017-02-27 22:47) 

tochimochi

のら人さん
この山域はアプローチがいいので気に入ってます。
偕楽園は一昨日満開になってしまいました。
タラノメも今年は早いかもしれませんね。

伊閣蝶さん
>捻挫のあとの違和感は本当に嫌なものです。
ありがとうございます。
それほどの違和感ではないので苛立ちも感じていません ^^
ルートは竜神川に下りるところを心配していましたがノープロブレムでした。
予想外に整備されていましたので、ルートファインディングさえしっかりすれば楽しめるルートです。
仰る通り、夏は敬遠したいですが・・・ ^^;


by tochimochi (2017-02-27 23:15) 

joyclimb

きつい急登のあとの日光連山と高原山の展望、癒されますね^^
by joyclimb (2017-02-28 00:00) 

Jetstream

久しぶりの奥久慈男体山ですね。回復が早いようでよかったですね。
一般登山道だとある程度読めるんですが、いきなりバリだと不安を感じるんですが さすがはtochimochiさん! 注意深く15KM踏破されてひとまず安堵されたことでしょう。!(^^)! どうか様子をみながらステップアップしてくださいね。 
by Jetstream (2017-02-28 00:01) 

majyo

足の痛みも無くなったようで良かったです
そしていつもながらのバリルートは
ここから?と思ったりしましたが 良い尾根ですね
そして写真では急登は出ませんね。見ると壁のようにありますから

一人では藪は怖いです。間違えてやぶ漕ぎしたことはありますが
ちゃんと道に出るのですね
奥久慈男体山も眺めが良さそうです
by majyo (2017-02-28 19:52) 

tochimochi

joyclimbさん
>日光連山と高原山の展望、癒されますね^^
この日はなかなか展望が得られませんでした。
この眺めでやっと癒されました。

Jetstreamさん
自重の甲斐あって何とか歩き切れました ^^
このルートはヤブが多少ありますが、意外としっかりした踏み跡がありました。
マイナールートにも奥久慈ファンの多さを感じました。
久しぶりの男体山でしたが、人気の高さも再認識しました。
奥久慈はまだまだ歩き甲斐のあるところです。
もう少し楽しんでみます。

majyoさん
自重の甲斐あって何とか歩き切れました ^^
マイナールートなので分かりにくいところもありますが、意外と踏み跡はしっかりしていました。
トラバース道は広々として快適でした。
藪と言っても尾根を間違えなければ下部だけです。
結果はやはり道がありました ^^
男体山は久しぶりでしたが人気の山と再認識しました。

                                                                            
足の痛みも無くなったようで良かったです
そしていつもながらのバリルートは
ここから?と思ったりしましたが 良い尾根ですね
そして写真では急登は出ませんね。見ると壁のようにありますから

一人では藪は怖いです。間違えてやぶ漕ぎしたことはありますが
ちゃんと道に出るのですね
奥久慈男体山も眺めが良さそうです
by majyo

by tochimochi (2017-02-28 22:43) 

cyoko1112

こんばんは。
コメントありがとうございました。

山登り、大変だな~~、チョコ君には無理かな~~!

タラノメ、もうそろそろですね!!近くの公園で採取して「天ぷら」(笑)
by cyoko1112 (2017-03-03 19:19) 

ひろたん

素敵な尾根ですよね。
いつもようにバリですね^^
何処かみたいですよね。
上の廊下・下廊下は・・・・・
by ひろたん (2017-03-05 09:23) 

tochimochi

cyoko1112さん
山はいろんな歩き方があるのでレベルに合わせて誰でも楽しめます。
もちろん今回のルートも踏み跡は一部を除いてしっかりしていますので大丈夫です。
タラノメが公園で採取できるのですか?!
天ぷらが最高ですね ^^

ひろたんさん
今回もバリというほどではありません ^^;
踏み跡は一部を除いてしっかりしていますので大丈夫です。
>上の廊下・下廊下は・・・・・
そうですね、あそこを連想してしまいますね。
こちらはなんちゃって廊下です ^^;


by tochimochi (2017-03-05 11:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ